ライフスタイルに合わせた家計の黄金比率【30代女性・Tさん】

消費税が増税され、さらに家計を引き締めて行かないと!と感じている方は多いのではないでしょうか。
私自身も主婦として3人家族の家計のやりくりをしています。

 

一般的な節約特集などで家計の黄金比率なども特集されていますが、一人暮らしやお子さんが多い方など様々なライフスタイルがあると思うので一概には言えませんが、ライフスタイルに合わせて「我が家の比率」を見いだしてみるだけの価値はあると思います。。

 

【一般的な比率を我が家に当てはめてみます】
・住居費:25%
・食費:15%
・水道光熱費:6%
・通信費:5%
・小遣い:8%
・預貯金:18%
・生命保険料:4%
・日用品:2%
・医療費:2%
・教育費:4%
・その他:11%

 

我が家の場合、大まかに言うと手取り20万に対して

 

・住居費:25%
・食費:10%
・水道光熱費:9%
・通信費:10%
・小遣い:10%
・預貯金:20%
・生命保険料:13%
・日用品:2%
・医療費:1%

 

保険の仕事をしているので保険料が家計を圧迫しているように思います。
貯金は出来ているだけ合格点なのでしょうか。
まずは収入を増やすことが先決のような気がします。

 

【30代女性・Tさん】