NHKのあさイチで話題になった「家計の黄金比率」

2013年6月放送のNHKのあさイチで紹介されて話題になった「家計の黄金比率」。
家計管理や節約の方法を探していると結構な頻度で目にすることが多いのではないでしょうか?
節約ブロガーさんも取り上げていましたからね。

 

「家計の黄金比率」は、家計管理や節約に関する書籍や雑誌の記事を多数執筆している、ファイナンシャルプランナーの横山光昭さんが紹介した、費目別の理想的な支出割合です。
7,000人以上の家計相談を受けて、赤字の家計を立て直してきた家計のプロである横山さんが提唱している、「お金が貯まる家の家計支出割合はこうですよ!」という一つの基準です。

 

で、NHKあさイチの放送とホームページで紹介されていた「家計の黄金比率」はこれでした。

 

  • 住居費:25パーセント
  • 食費:15パーセント
  • 水道光熱費:6パーセント
  • 通信費:5パーセント
  • 小遣い:8パーセント
  • 預貯金:18パーセント
  • 生命保険料:4パーセント
  • 日用品:2パーセント
  • 医療費:1パーセント
  • 教育費:4パーセント
  • 交通費:2パーセント
  • 被服費:2パーセント
  • 交際費:2パーセント
  • 娯楽費:2パーセント
  • し好品:1パーセント
  • その他:3パーセント

 

あなたの家計と比較してみてどうですか?お金が貯まる家計の支出割合になっていましたか?
いや?、やっぱりすごく気になりますよね?特に無駄遣いしているつもりはないのに、思い通りにお金が貯まらないので(^-^;何に使い過ぎているのかなぁって。
あなたもそうじゃないですか?

 

ただ、横山さんの書いた雑誌記事や書籍を読むと、家族構成、子どもの有無や年齢、年収、住んでいるところが都市部か地方かによって変わってくるので、上記の割合は基本的な目安ということでしたね。
まぁ、この黄金比率とご自分の家計を比較した方のブログなどを見てみても、この通りに収めるのは難しそうだなという感じです。
横山さんが言うには、最低限「貯蓄の割合が理想割合」になっていれば良いそうです。

 

私はもう少し横山さんの推奨する家計管理方法を知りたいと思って、本を読んでみました。

 

『手取り20万円台でもガマンしないで100万円貯める! 貯金生活』

 

手取り20万円台でもガマンしないで100万円貯める! 貯金生活

 

この本には「家計の黄金比率」とは書いていませんでしたが、第一章36ページに「家計の支出には理想の割合がある」とありました。
NHKのあさイチで放送されたものとは若干違っていましたね。
詳しく知りたい方は、是非一度読んでみて下さい。

 

手取り20万円台でもガマンしないで100万円貯める! 貯金生活

新品価格
¥1,512から
(2016/4/22 19:11時点)

 

私はが最初に見直したアレとは?

 

ウチはこの「家計の黄金比率」の話を知って、すぐにやったことがあります。
これをやったおかげで、ほぼ理想通りの家計の支出割合になりました。

 

実際には、ライフスタイルに合わせて、費目別に割合を少しづつ変えましたけど。
でも、無駄なところにお金を払っていない「安心感」と「充実感」が得られました。

 

しかも、この支出を減らした分は、毎月の貯金に全額上乗せ!
だから、貯金が増えるペースもアップ!!です。

 

で、何をしたかというと、「保険の見直し」です。

 

ウチの夫の保険なんですが、なにせ会社にくる生保レディーから入った保険で、契約してから1回も見直しなんてしていなかったんです。
だから、恥ずかしながら保障が足りているのか不足しているのかさえもわからない状態でした。

 

先ほどご紹介した横山さんの本にも、「生命保険を見直しましょう!」とあったので、早速行動に移したんです。
第3章106Pに、「家計の見直しは、まず固定費から手をつける」という章があり、そこで、固定費の節約で効果が期待できる代表が生命保険だとも言っておりました。

 

ただ、保険の見直しってどうすればいいのかわからなくないですか?
正直、いくらの補償が必要で、どの保険がいいのかなんてわかりません。
はっきり言って、自分だけでは出来ません。でも、失敗はしたくない。

 

という訳で、横山さんと同じFPに保険の相談できるサービスがあることを知り、利用することにしました。
最近、保険の相談できるサービスって増えましたよね。
実際に私がよく使う駅前のビルや、ショッピングモールにもいくつかそういう店舗があって気にはなっていました。

 

私が選んで申し込みをしたのでは保険のビュッフェ
生命保険の見直しで調べていて見つけたサイトで、実際に利用してよかったサイトとして紹介されていたので。
そのサイトでは、保険の無料相談で大事なのは「生命保険に詳しいFPさんを紹介してくれるサービスを選びましょう。」でした。
FPさんってみんな保険に詳しいと思っていたんですが、違うんですね(^-^;

 

あともう一つ、自宅近くのショッピングモールにある保険ショップでも話しを聞きました。
週末に買い物に行くとショップで相談している人がいて、そのショップの中の人の雰囲気もなんとなく大丈夫な感じがしたので。

 

近くにどんな保険ショップがあるか調べながら申し込みをしたので、「LIFULL保険相談」のサイトから申し込みをしました。

 

2社を利用したのは、比較して決めたかったからです。
いくらFPさんが専門家だとしても、少し「ホントに大丈夫なのかなぁ」って心配になるじゃないですか。

 

たとえば、「何歳から何歳までは死亡保障はいくら必要です」って言われても正しいかどうかわからないですよね。
2人に聞けば、「あーやっぱりこれぐらいは必要なんだなって。」ってわかるし、2人とも違えばなんでそうなんだろうって考えるきっかけにもなります。

 

最終的には自分で決めるにしても、相談して聞いたことは判断材料になったので利用する価値はありましたね。

 

ちなみに、どちらも押し売りのような営業はありませんでしたよ。

 

というわけで、私はこちらで保険を見直ししました。
FPさんの説明に納得できたのが決め手でしたね。

 

 

家計の黄金比率と比較して保険料が多すぎたなぁと感じたら、まずは相談してみるべきだと思います。
ここから手を付けると家計管理が楽になりますよ。